オフィシャルブログ|詳細

Blog

虫歯が進行すると...

虫歯が進行すると...

こんにちは。

渋谷ルーブル歯科です。本日は虫歯が進行するとどのようになるのかをお伝えしていこうと思います。

虫歯の原因については前回ブログでまとめていますのでそちらを参考にしてください。

 

 

虫歯には進行により段階が分かれております。

 

   ①CO:初期の脱灰(虫歯になりかけの状態)

歯の表面のエナメル質が酸により溶かされると歯が白濁してきます。痛みはほとんどありません。また歯磨きをしっかりすれば治癒することもあります。

 

 

   ②C1:エナメル質の虫歯(初期虫歯)

歯の表層のエナメル質にだけ虫歯ができ、黒くなります。

痛みなどはないことがほとんどで、処置は削ってプラスチックを詰める治療になります。

 

 

   ③C2:象牙質の虫歯(中等度の虫歯)

虫歯菌がエナメル質から第2層の象牙質まで進行した状態です。

象牙質はエナメル質よりも柔らかいので虫歯の進行が早いです。

またこの段階から歯が黒く見えたり、歯に大きな穴があきます。

冷たいものや甘いものでしみるのもこの段階です。

治療法としては虫歯を完全に削り取りプラスチックで詰めたり、歯の方どりをしてインレー(部分的な詰め物)になります。神経近くまで削ることもあるので麻酔が必要になってきます。

 

 

   ④C3:歯の神経に及ぶ虫歯(後期の虫歯)

虫歯が象牙質を超えて歯の神経がある歯髄(神経の通り道)に到達した虫歯のことを指します。

虫歯菌が歯髄に到達すると、神経が炎症を起こして歯髄炎となります。歯髄炎を起こすと冷たい水を飲んだだけで激痛が走り数秒間続きます。また歯髄炎がさらに悪化するとあったかいもので激痛になり、何もしていなくても痛みが出る(自発痛)の症状を示します。こうなると夜寝るときもズキズキと痛み眠れない日々を送ることになります。

治療方法も今までは削ってプラスチック(CR)を詰めるだけで済んだのが歯の神経が感染するとどんどん腐敗していくので、神経をきれいに取り除く根管治療が必要になります。こうなると治療も複数回必要になり、歯も脆くなってしまいそれを補うために歯をまるまる被せる必要があります。治療費用もかさんでしまいます。

 

 

  ⑤C4:歯根に達した虫歯(重度の虫歯)

虫歯菌が歯髄(神経の通り道)を進行し根っこに到達した虫歯です。

この段階まで来ると歯はボロボロで原型をとどめてないことが多いです。当然神経は死んで腐敗していますし、食事もまともに噛めません。

治療法はまず歯を残すことができるかどうかというところから入り、何とか歯を残せても予後が悪いことが多いです。また残せない場合は抜歯してブリッジ、インプラント、入れ歯、歯の移植という選択肢になってしまいます。

 

 

いかがでしたか?

虫歯は進行すればするほど痛みも出て治療法も大掛かりになります。

なので【虫歯は早期発見・治療・予防が大切です】定期的に歯科を受診して検診することで虫歯の早期発見につながります。通常虫歯は3か月ではC1~C3になることは極めてまれなので3ヶ月ごとの検診を受診されるのがいいと思います。1年でたったの4回歯科に通うだけであなたの歯の寿命はグーンと延びます。忙し人が多いと思いますが歯科検診を後回しにせずきてください。

ちゃんと通ってる人はちゃんと歯が残ってます。

 

まとめ

虫歯には進行具合によってCO~C4まで病名がある。

C2までであればまだ治療は1~2回で終わり、歯の神経も保存できるがC3からは治療回数も多くかかり、予後も悪くなる。

虫歯の早期発見・治療・予防のために3か月に一度は痛みがなくても検診を受け歯をしっかり守ってあげることが大事。

渋谷ルーブル歯科では皆さんの歯が一本でも多く残るように努力しておりますので定期検診の希望の方は予約お待ちしております。

戻る

stransastransa