審美治療|審美治療とは

  • ホーム
  • 審美治療|審美治療とは

Aesthetic Concept自然な美しさと機能性の両立をはかります~審美治療~

自然な美しさと機能性の両立をはかります~審美治療~

「審美」とは「美しさを見極めること」を意味します。そのため歯科医療の世界では、見た目が自然で美しい人工歯を使った歯の治療や処置をわかりやすく「審美治療」と呼びます。保険診療での虫歯治療は、比較的安価にそして比較的短時間で機能回復ができますが、金属の詰め物や被せ物を使うと、白い歯の中で目立ってしまうのがデメリットです。このときに白いセラミック素材などを使えば、自然な見た目なうえ機能回復ができます。

こんなお悩みをお持ちではないですか?

  • 笑ったときに見える銀歯が目立つ
  • 被せ物や詰め物が変色している
  • 歯の色が白くない
  • 前歯の形が気になる
  • 前歯にすき間がある
  • 被せ物をしている歯の歯ぐきが黒ずんでいる

このような歯や歯ぐきのお悩みを解消するためにおすすめなのが、セラミック素材を使った人工歯です。

身体にやさしいセラミック治療とは

身体にやさしいセラミック治療とは

セラミックは歯の色に似ているうえ、生体親和性が高く、お口の中で安定する素材です。そのため、銀歯による治療にくらべてさまざまなメリットがあります。自費診療ですので高額なイメージがあるかもしれませんが、自然な見た目と機能性を回復できるうえ、精度を高めた治療が可能なので長持ちします。長い目で見ると高額とはいえないのではないでしょうか。

メリット1 自然で美しい

メリット1 自然で美しい

セラミックを使えば、天然歯に似た透明感や色調の再現が可能です。まわりの歯に合う自然で美しい仕上がりにできます。

メリット2 メタルフリーで安心

セラミック素材だけで詰め物や被せ物をつくれば、金属不使用(メタルフリー)なので金属アレルギーの心配も歯ぐきが黒ずむ心配もありません。

メリット3 変色・劣化が起こりにくい

セラミックは強度が高く、経年による変色や劣化が起こりにくい素材です。長期間、安心して使用できます。

メリット4 虫歯や歯周病のリスクを抑える

メリット4 虫歯や歯周病のリスクを抑える

虫歯や歯周病の原因菌はプラーク(歯垢)の中に潜んでいます。セラミックは汚れがつきにくいので発症リスクを低く抑えられます。

当院の審美治療の特長

当院の審美治療の特長

大切にしているのは丁寧なカウンセリングです。お口のお悩みやご要望をじっくり伺い、そして審美治療についてお話し、どのような素材でどのような処置をするのかをわかりやすくご説明します。それぞれの素材にメリット・デメリットがありますので、納得できる素材をお選びいただくことが大切です。予算面などもきちんとご説明します。しっかりご理解いただくことが安心につながるのです。

もう一つの安心は衛生管理を徹底した院内環境です。治療器具は、ヨーロッパのもっとも厳しい基準をクリアした滅菌機で毎回滅菌処理しパックしたまま保管して、患者様の治療前に開封します。さまざまな院内感染予防対策をおこなっていますので、衛生面でもご安心いただけるはずです。

審美治療は保険診療とは異なり、さまざまな機材を駆使した高精度の治療ができます。マイクロスコープを使用し、さらに人工歯をつくる歯科技工士とも密に連携しますので、天然歯に近い、自然で美しい歯のご提供が可能です。さらに当院は医療法人清翔会のグループ医院で、在籍している歯科医師がグループ医院を巡回して、常に技術・情報を共有し、さらに治療レベルの維持・向上に努めています。これが当院でご提供する治療面での安心です。歯を残すことを基本にお口のトータルケアをいたします。

通いやすいことも大切です。審美治療をおこなったあと、定期的なメンテナンスで、美しい状態を保っていただきたいからです。行きづらいところに通院するのは患者様にとって大きな負担になってしまいます。気軽に通っていただけるように、当院は渋谷駅から近く、土日も診療します。

審美治療メニューのインレー(詰め物)の種類

セラミック

セラミック

セラミック素材は、透明度や色調が天然歯に近いので、お口の中でほとんど違和感がありません。強い力がかかると、割れたり欠けたりすることがあり、噛む力が強い方や歯ぎしりをする方には使用できませんが、金属不使用なので金属アレルギーの心配も不要です。

白金加金(ゴールド)

白金加金(ゴールド)

歯の色とは異なるので目立ちますが、保険診療の銀歯にくらべて金属アレルギーを起こしにくく、天然歯に近い硬さなので、健康な歯を傷つけにくい金属です。さらに、天然歯とのすき間ができにくいため、すき間から汚れが入って虫歯にかかってしまうリスクを低く抑えられます。

審美治療メニューのクラウン(被せ物)の種類

セラミック

セラミック

セラミック素材を使った被せ物は、素材がすべてセラミックでできているオールセラミッククラウンと、強度の高いジルコニアをフレームにしてつくるジルコニアセラミッククラウンなどがあります。支台にも金属を使わないコアを選ぶと、金属アレルギーの心配や歯ぐきが黒ずむ心配がありません。

メタルボンド

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼きつけてつくる被せ物です。経年により歯ぐきが下がると金属のラインが見えてしまいますが、強度が高いので奥歯などの強い力がかかる部位でも使用できます。見た目の美しさはオールセラミックにはおよびませんが、天然歯の色調に近づけられます。

白金加金(ゴールド)

白金加金(ゴールド)

強度が高く硬いので、奥歯やブリッジ治療などに使用できます。そのうえ、ある程度のしなやかさがあり、まわりの歯をほとんど傷めません。ただ、歯の色とは異なるため、自然な美しさは得られません。

stransastransa