一般歯科メニュー|予防歯科(定期検診)

  • ホーム
  • 一般歯科メニュー|予防歯科(定期検診)

Preventive病気は定期検診で未然に防ぎましょう~予防~

「歯医者に行くのは歯が痛くなってから」と思っていませんか? たしかにこれまでは歯科医院は治療するところで、予防のために通うという認識はなかったかもしれません。しかしお口の2大トラブルの虫歯も歯周病も発症のメカニズムが分かっているので予防ができます。病気にかからなければ、治療しなくてもいいうえ、歯の健康を保つことができるのです。

こちらでは渋谷駅すぐの歯医者「渋谷ルーブル歯科・矯正歯科」が予防の重要性についてご説明します。

これからも健康な歯でいるためにできることがあります

これからも健康な歯でいるためにできることがあります

虫歯も歯周病も初期段階ではほとんど自覚症状がありません。そのため気づいたときにはすでに進行しています。できるだけ早く治療することが大切です。しかし、治療で進行を止められても、元の健康な歯を取り戻すことはできません。いったん溶けたり、削ったりした歯の部分は人工歯などの補綴物で補わなければならないのです。そしてどんな人工歯も天然歯にはかないません。

歯にはさまざまな役割があります

歯にはさまざまな役割があります

健康なときには忘れてしまいがちですが、歯にはさまざまな役割があります。食べ物を細かく噛み砕き、栄養補給をしたり、味覚を助けたり、お口の中に入った異物を気づかせてくれたりするのです。

多くの歯を失ってしまっている方の発音は不明瞭になりがちです。歯がそろっていれば、舌の位置が正しく導かれ、空気をしっかり押し出せるのでクリアな発音ができます。また歯があれば、噛み合わせのバランスが整い、お口まわりの筋肉のバランスもよいので、表情が豊かにつくれます。

大切な歯の寿命を「油断」が縮めてしまいます

大切な歯の寿命を「油断」が縮めてしまいます

虫歯も歯周病も原因菌による感染症ですので、若いころは免疫力が高いため、とくに問題がなくても、年齢を重ねたり、ストレスをためていたりすると、免疫力が低下してお口のトラブルを起こしやすくなります。また毎日のセルフケアを怠るとお口の中に汚れがたまり、病気の引き金になることも。

セルフケアとプロフェッショナルケアで健康な口腔内環境に

予防の基本は汚れをお口の中に残さないことです。そのために毎日のセルフケアが欠かせません。しかしそれだけでは、みがき残しを起こし、トラブルを発症してしまうことがあります。そこで加えていただきたいのが歯科医院での定期検診です。

ご自宅でのセルフケア

ご自宅でのセルフケア

就寝中はお口の自浄作用がある唾液の分泌量が低下するので、虫歯や歯周病にかかりやすい時間帯です。トラブル予防のためには、睡眠前にブラッシングして汚れを落とすことが大切です。みがき残しがないように時間をかけて丁寧にみがきましょう。歯ブラシだけでなくデンタルフロスも活用して、歯と歯の間の汚れもしっかり落としましょう。お口の状態に合ったブラッシング方法をアドバイスしますので、定期検診をご活用ください。

歯科医院でのプロフェッショナルケア

歯科医院でのプロフェッショナルケア

歯科衛生士は口腔ケアのプロフェッショナルです。定期検診では、専用器具を使った歯のクリーニングでセルフケアでは落としきれない歯と歯ぐきの溝や歯と歯の間の汚れをしっかり落とします。そして仕上げに歯面をツルツルにみがいて汚れの再付着を防ぎます。またフッ素塗布で歯の再石灰化を促し、歯質の強化につなげるのです。ブラッシング指導もおこないますので、毎日のセルフケアにいかしてください。

予防(定期検診)のメリット

虫歯・歯周病を未然に防ぐ

定期的に歯のクリーニングを受けらえるので、お口のすみずみまで汚れを落とせます。それがお口のトラブル予防に有効です。

治療費の負担が減る

定期検診を活用すれば、もしすでに虫歯や歯周病にかかっていたとしても自覚症状があらわれる前の初期段階です。早期発見・早期治療ができるので治療が比較的かんたんです。

お口の中がサッパリする

プロフェッショナルによる歯のクリーニングを受けると汚れが落ちるうえ、歯の表面がツルツルになりお口の中がサッパリします。

定期的なメンテナンスが大切です

定期的なメンテナンスが大切です

虫歯も歯周病も再発しやすい病気です。治療が終わったら、健康なお口の状態を保つために定期的なメンテナンスをおすすめします。3ヶ月に1回の定期検診を受けて、ずっとご自分の歯を保ち、いつまでも食べたり飲んだり、話したり笑ったり、口元を気にせずおこなっていただきたいと考えています。

一般歯科

stransastransa