オフィシャルブログ|詳細

Blog

虫歯になる原因

虫歯になる原因

こんにちは

渋谷ルーブル歯科・矯正歯科です。

こちらのブログではみなさんが歯に興味をもって頂けるように歯科知識を綴っていきますので、どんどん賢くなっていってください。

では第一弾「虫歯の原因について」お話していきます。

虫歯はどの様になるかと言いますと

歯垢(食べ物のカス)が歯につく

     ↓

歯垢(プラーク)の中にいる細菌が酸を出す

     ↓

 酸により歯が溶ける

     ↓

   虫歯になる

 

この過程を経て虫歯ができます。つまり食事をするとプラークがつくので皆さん虫歯になる可能性があります。

 

 

しかし実際には虫歯になりやすい人、なりにくい人がいます。この違いは何かというと4つの要因が関係してきます。

1.歯

    歯がなければ虫歯にはなりません。

2.細菌

    虫歯菌は口腔内常在菌で、どんな人の口にも常に存在してます。

3.糖分

    この糖分は食べ物に含まれており、虫歯菌は糖が大好きでこれを栄養として繁殖します。

4.時間

    歯と細菌と糖が重なると虫歯になりますが、この時間が長ければ長いほど虫歯になってしまいます。

 

つまり、虫歯にならないためには糖を減らせば虫歯菌は繁殖しないので歯磨きが一番大事ということになります。

またその他の要因としては

●唾液

    唾液は食べ物のカスを洗い流してくれるので歯磨きしていなくても少しは糖を減らしてくれます。

●歯並び

    歯並びも直接は関係してきませんが、歯ブラシが届きにくい歯並びをしていると歯垢が落としきれず虫歯になってしまいます。

●歯の性質

    歯も性質があり酸に対して耐性が強い歯もあれば弱い歯もありますのでそれにより虫歯菌から酸が出てもすぐに溶ける歯もあれば、なかなか溶けない歯もあります。

●歯磨き回数、時間

    実は歯磨きで綺麗に磨けているつもりでも歯垢は残ってます。なので歯磨きの回数、時間も大事です。

●食事の回数、時間

    食事も回数が多いとせっかく唾液により流れた歯垢がまたつき、糖が口に残る時間が増えます。時間も飴玉のように長く口の中に留まるものは良くないです。

●歯石

    歯石は直接は虫歯に関与しませんが細菌の足場になってしまうので除去した方がいいですが歯ブラシでは歯石を落とすことができません。

●歯周病

    歯周病になると歯ぐきが下がり歯の根っこが見え磨き残しが増えます。

 

つまり虫歯にならないためには

唾液の量は多い方が良く、加齢とともに少なくなってしまうので唾液腺マッサージが有効である。

歯並びも矯正治療で並べてあげることで短い歯ブラシの時間で磨き残しを少なくできる。また被せ物も形が悪いと食べかすがつまりやすいので形が良好な被せ物の方が歯磨きに有利です。素材もメタルよりもセラミックの方が歯垢が付きにくいです。

歯の性質はキシリトール入りのガムなどで歯の耐酸性を上げてあげると良いでしょう。

歯磨きも丁寧にやってる人でも実は20%ぐらいは磨き残し部分が出てしまいます。なので歯科検診で自分の磨き残しがどれぐらいあるかcheckしましょう。また歯ブラシの当て方、持ち方も大事で自己流の方が多いのでこの辺も一緒に治してあげると良いでしょう。

定期的に歯医者にメインテナンスで通い、歯石も取りましょう。

食事もよく考えて食べましょう。特に寝ているときは唾液の量が少なくなっているので寝る前にはあまり糖質の高いものは避け、歯磨きを長めにしっかり磨きましょう。

 

 

 

まとめ

虫歯になる原因はプラーク

虫歯には歯、細菌、糖、時間がかかわっておりその他間接的な要因もある。とにかく歯磨きが一番大事です。

虫歯のcheckは渋谷ルーブル歯科・矯正歯科にお任せください。

 

戻る

stransastransa