オフィシャルブログ|詳細

Blog

歯ぎしりと食いしばり

歯ぎしりと食いしばり

新年明けましておめでとうございます。🎍

本年も渋谷ルーブル歯科をよろしくお願いいたします。✨

 

突然ですが、皆さんは自分が寝ているときに歯ぎしりをしていると思いますか?

この問いにたいしておそらく多くの方が「いいえ」と答えるとおもいます。

しかし気づかないうちにほとんどの方が歯ぎしり、食いしばりをしています。

起きているときに歯ぎしり、食いしばりをしている人も少なからずいます。寝ているときだけではないのですね。

 

歯ぎしりとは、上下の歯が不必要に接触している状態です。

歯科用語でブラキシズムといい大きく分けて3つの種類があります。

①グライディング

上下の歯を横方向にギリギリとすり合わせている状態

②クレンチング

上下の歯をぐっとかみしめている状態

③タッピング

上下の歯をカチカチと嚙んでいる状態

☝これらの要因はほとんどがストレスと言われています。

②のクレンチングはスポーツをしている方に多くみられます。

 

次にTCH(tooth contacting habit)についてお話しします。

TCHとは歯芽接触癖のことをいい、無意識に上下の歯が接触している状態です。

食事以外、リラックスしている時は唇💋がくっついている状態でかつ上下の歯が2~3ミリ開いている事が好ましいです。

食事で接触している時間は一日おおよそ20分と言われています。

必要以上に歯が接触していると次のようなことがおこりえます。

 

まずはよく耳にする顎関節症です。

顎が痛かったり、口が開かなかったり、顎を開けるときに音がします。

☝次に歯がすれる

特にグライディングをしている方によくみられます。

☝歯周病の悪化

歯周病で骨が溶けると歯を支える骨が少なくなります。それに加えて歯ぎしりをしていると、更に歯がグラグラしやすくなります。

☝詰め物や被せものが脱離しやすい

☝知覚過敏

☝歯茎が腫れる

などなど身体に悪影響をおこします。

こういったことを防ぐためにストレス発散をし、マウスピース(ナイトガード)を寝る前に装着しましょう。

 

 「マウスピース」の画像検索結果

装着した日は、少し違和感があると思いますが少しずつ慣れてきますよ。

まずは、歯科医院に足を運んで、相談してみてください。

次回は、顎関節症についてお話します。

 

戻る

stransastransa