オフィシャルブログ|詳細

Blog

歯周病菌に悪さをさせないために

歯周病菌に悪さをさせないために

皆さんこんにちは!

これまで、歯周病菌による健康障害についてお話させていただきました。

特に歯周病との関連が、高いと考えられている脳梗塞・心筋梗塞、糖尿病、誤嚥性肺炎、早産・低体重児出産にしぼってお話しました。

しかし、歯周病との関連が疑われている病気はそれだけではありません!!

関節リウマチ、菌血症、腎臓病、非アルコール性脂肪性肝炎、、骨粗しょう症、皮膚炎、アルツハイマー型認知症

などについても、研究が進められているところです。

歯周病は、進行するとお口の中だけではなく身体にも影響を及ぼしはじめます。

たかがお口の病気ではないんですね。

 

今回は、その歯周病菌に悪さをさせないために出来ること(セルフケア)のお話をしていきたいと思います。

 

歯周病の治療はお早めに

炎症が起きている歯ぐきは傷口と同じで、歯周病細菌が体内に流れ込む入り口になります。

歯ぐきから血がでるというかたはできるだけ早く治療を。

血液への歯周病細菌の流入を減らして、動脈硬化、そしてそれに伴う脳梗塞や心筋梗塞を防ぎましょう。

炎症のもとであるプラークと、プラークがたまる足場となる歯石が除去されることで炎症は徐々に治まります。

すると、糖尿病の悪化や早産・低体重児出産の引き金となり得る炎症性物質の産生も減っていきます。

 

お口を清潔に保とう

誤嚥性肺炎は、歯周病菌をはじめお口の細菌が誤って肺に入り込むことで起こります。

ですから、日常の歯磨きは時間をかけて丁寧に。

磨き残しが起きやすい歯と歯の間には、デンタルフロスや、隙間の大きいかたは歯間ブラシをぜひ使ってください。

日常のお口のケアについては、歯科衛生士が一人一人に合った歯磨き指導を行いますので安心してください。

 

定期健診は大切

今は異状はないと感じているかたあも油断は禁物!!

歯周病は痛みなく進行しますので、気付いたころには、かなり悪化していることもあります。

少なくとも半年に一回は、歯科でメインテナンスを受けましょう。

そして歯石を除去し、歯周病ポケットの中までプロフェッショナルクリーニングできれいにしてもらいましょう。

歯周病は、予防と治療が可能な病院気。

身体の健康のためにも、リスクの放置はよくありませんよ。

歯磨き中に出血する方は一度歯科医院へ足を運んでみてください

 

戻る

stransastransa