オフィシャルブログ|詳細

Blog

歯茎にタトゥー?

歯茎にタトゥー?

 

 

みなさんこんにちは(^^)/ 

渋谷ルーブル歯科・矯正歯科です。

 

前回ガムピーリングについてご説明させていただきました。

 

歯茎への色素沈着の原因としてあげられるのが喫煙とメタルタトゥーです。

喫煙は何となくイメージしていただけると

思いますが、なかなかメタルタトゥー

という言葉を耳にしたことがない方の方が

多いかもしれません。

 

今回はメタルタトゥー

についてご説明させていただきます。('ω')

 

メタルタトゥーとは金属製の補綴物(詰め物、かぶせ物)による歯茎の変色です。

 

保険診療でセットした詰め物やかぶせ物は長い間 使用していく中で金属成分が

腐食して溶け出していきます。

最もポピュラーなのが銀合金に含まれる銀イオンの溶出です。

長い間、唾液にさらされた銀歯から

銀イオンが溶け出して歯茎に沈着するのです。

そのためメタルタトゥーが生じている付近に必ずといっていいほど金属製の補綴物がセットされています

 

メタルタトゥーはガムピーリングで改善

できますが原因が金属製の

補綴物なので根本的な所からアプローチすることを

オススメします。

ガムピーリングでせっかく歯茎がきれいになったとしても

再度メタルタトゥーが出現します。

金属製の補綴物をセットされている方は

セラミック、ジルコニア、ハイブリッド

などの金属を使用していない

白いものをオススメします。

特にセラミックは陶材で

できているので汚れが全くつきません。

 

それに比べて、金属は傷が付きやすく

毎日の歯ブラシで微量の傷がついていきます

傷の隙間に汚れや細菌が入り込み再度むし歯になりやすかったり

臭いも吸着していきます。

 

二次カリエスといって再度むし歯になってしまうと

歯を削ってむし歯をとるのでご自身の歯がどんどん少なくなっていきます。

初めは小さなむし歯で詰め物にし

→カリエスになり むし歯の大きさにもよりますが

次はかぶせ物になってしまいます。

このようにどんどん歯がなくなっていく

ケースも少なくはありません。

 

もちろんセラミックをセットしても

歯磨きは怠ってはいけません!!

 

金属は安価で保険が使えますが歯の寿命を考えるとお勧めはできないのです。

歯にとっても歯茎にとってもいいものとはいいがたいですね。

 

ガムピーリングは定期的に行うこともできますが、保険適用ではありませんので何度も行うと費用がかさみます。

メタルタトゥーになっている方は、ぜひ補綴物の交換も検討してみてくださいね。(*^-^*)

 

   ネット予約可>渋谷ルーブル歯科・矯正歯科(渋谷区/渋谷駅)|EPARK歯科

 

 

 

 

 

 

 

 

戻る

stransastransa